04−2990−8889

営業時間9:00から18:00まで

相続税、贈与税の対策

相続税を納める人。基礎控除額を超える?超えない?

更新日:

いつも読んでいただいてありがとうございます。税理士の鈴木です。今回は相続の基礎控除額について話していきます。

相続税を納める。納めない。基礎控除額とは?

基礎控除額とは、相続税がかからない財産の金額です。

具体的な計算方法は3,000万円に法定相続人1人につき600万円を加算した金額になります。

<具体例>

父親が亡くなった。

相続人は奥さんと娘1人、息子1人の場合。

法定相続人の数は、奥さん、娘、息子で3となります。

そうすると・・・

計算式は、

3,000万円 + 600万円 × 3 = 4,800万円

相続税の基礎控除額は4,800万円と計算することができました。

相続税を納める場合。基礎控除額を超えるとは?

具体例で相続税を納めなくてはいけなくなる場合は、まず基礎控除額の4,800万円を超えることが条件となります。

相続財産が現金のみの場合、超えるか超えないかの判断は簡単ですが、通常は不動産を持っていると思います。その場合、不動産は現金に評価しなければなりません。不動産の評価額は、買った時の金額(取得価格)ではありません。

不動産の評価額、評価方法はお持ちの土地、建物によって変わります。

詳しく、基礎控除額を知りたい。相談をしたい方は、お気軽にご相談ください。

-相続税、贈与税の対策
-

Copyright© 鈴木孝夫税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.