04−2990−8889

営業時間9:00から18:00まで

相続税、贈与税の対策

いくらから相続税対策が必要なの?

更新日:

いったいいくらから相続税対策が必要なんでしょう?

相続税の基礎控除を超えるかどうか考える

相続税の基礎控除は3,000万円に法定相続人の数、1人につき600万円を加算します。

例えば、子供1人の家族でお父さんが死んだ場合どうなるでしょうか?

法定相続人は奥様、子供で2人となります。

つまり、法定相続人の数は2です。

3,000万円 + 600万円 × 2 = 4,200万円

相続財産が4,200万円を超えると相続税対策が必要かもしれません。

相続税の心配はいらない?

4,200万円を超えたからといって相続税の心配を必要する心配はありません。

相続税には奥様が相続した財産については税金を軽減する「配偶者の税額軽減」という法律や相続財産である住居等については「小規模宅地等の特例」などがあり税金が発生するわけではありません。

ただ、いずれの優遇も申告が必要となりますので税理士への相談は必要ですね。

詳しく、相続税対策を知りたい。相談をしたい方は、お気軽にご相談ください。

-相続税、贈与税の対策
-

Copyright© 鈴木孝夫税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.