04−2990−8889

営業時間9:00から18:00まで

ご相談の流れ

税理士事務所に連絡をして相談することは、そんなにあることではありませんね。だから、どうやって連絡して、相談したらいいのかわからないかもしれません。

そこで、ここでは、お客様が鈴木孝夫税理士事務所に連絡した場合、その後、どのように進んでいくのかについて、ご説明します。

これを読んでいただければ、鈴木孝夫税理士事務所の相談の流れがはっきり分かります。

step
1
   鈴木孝夫税理士事務所に、「電話」か「メール」する

「電話」の場合は、次のようなことを伝えてください。

・ホームページを見たこと
・はじめて電話したこと
・だいたいのご相談内容(例えば、「起業」、「相続」など)
・相談の予約をしたいこと
・事務所にいくか、出張相談を希望するか
・いつ相談したいか

「メール」の場合は、フォームに必要事項を入れてから、コメント入力欄に次のことを書いてください。

・だいたいのご相談内容(例えば、「起業」、「相続」など)
・相談の予約をしたいこと
・事務所にいくか、出張相談を希望するか
・いつ相談したいか(メールの場合は、予備の日時も書いてください)

step
2
   鈴木孝夫税理士事務所よりお返事します

「電話」の場合は、原則として、その場で、お客様と相談日時を調整して決めます。

※税理士が不在で、しかも、ご相談にのれるかわからない案件の場合だけ、2時間以内に事務所から折り返しの連絡をします。

「メール」の場合は、24時間以内にお返事します。

※ご希望の日時にご相談をお受けできない場合は、鈴木孝夫税理士事務所から、相談できる候補日を返信しますので、お客様もなるべく早くお返事してください。
このときに、相談の際に「用意してもらう書類など」を、電話やメールでお伝えします。

例)

3期分の決算書、確定申告書
3期分の総勘定元帳
※なお、書類を用意できない場合でもご相談はできますのでご安心ください。

お時間は通常1時間程度です。

step
3
   ご相談の当日について


慣れないことだと思いますが、何も心配しないで結構です。
ご相談の内容に応じて、私が質問したり、お客様からお話を聞かせていただきます。

私はお客様のお話を良く聞いて、「何を望んでおられるか」を確認します。
そのうえで、私は、なるべくご希望に沿うようなご提案します。できないときは、なぜできないかをご説明します。
また具体的な手続をご提案するときは、以下のようなことについて、明確に説明します

  • どんな手続が必要なのか
  • 費用はいくらかかるか
  • 費用はいつ支払うか
  • 今後の流れ、スケジュールはどうなるか

相談をしたからといって顧問契約しないといけないわけではありません。相談の内容について改めてよく考えてみてください。
聞き忘れたことや、わからないことがでてきたら、いつでも「電話」や「メール」で連絡してください。
顧問契約を依頼したい場合は、そのことを鈴木孝夫税理士事務所に連絡してください。契約書を作成して、その後の流れをご説明します。

ご契約をさせていただいた場合、顧問契約がスタートとなります。

こちらをクリック!!

無料のお問い合わせへ

※期間限定:初回30分の相談が無料

更新日:

Copyright© 鈴木孝夫税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.