04−2990−8889

営業時間9:00から18:00まで

相続税、贈与税の対策

ご存知ですか?贈与税がかからない年間金額

更新日:

はじめに

贈与税は1月1日から12月31日までに贈与された財産についてかかります。
つまり年(暦年)ごとに移動した財産について税金が計算されます。

ではいくらまで贈与できるのか

贈与した財産の金額が110万円までは税金はかかりません。
現金の場合はそのままの金額なのでわかりやすいですね。
不動産の場合は金額に評価する必要があります。

不動産を贈与する場合、分割して贈与する方法がある

不動産を贈与する場合、通常110万円以下にはならないでしょうね。
そこで110万円の範囲で分割して贈与する方法があります。
例えば全体で1,000万円の不動産の場合10分の1ずつ贈与すれば110万円以下になります。

110万円は贈与した人の限度額でななく贈与を受けた人の限度額

img_1711意外と勘違いしがちなのが、贈与税の基礎控除です。
例えば、お父さんが息子に110万円、お母さんが息子に110万円贈与したとします。この場合、贈与税はかかるのでしょうか?
実は贈与税がかかってしまいます。
贈与税は贈与を受けた人に課税される税金なのです。
息子さんがもらった財産の合計が220万円なので110万円を超えてしまうからです。
贈与税の基礎控除をうまく使うことは相続税の節税になります。
うまく使いましょう。

詳しい内容を聞きたい、相談したい方はお気軽にお問合せ下さい。

-相続税、贈与税の対策
-

Copyright© 鈴木孝夫税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.