相続税、贈与税

相続税の基礎控除は?2023年対応版

相続税の基礎控除とは

相続する財産からマイナスすることができる金額となります。

例えば、相続財産が5,000万円の場合で基礎控除が3,000万円の場合は5,000万円から3,000万円を控除した金額が 相続税が課税される相続財産となります。

基礎控除の計算方法

基礎控除の計算方法は、相続人の数によって変わります。

具体的には3,000万円に600万円×相続人の数を加算した金額になります。

算式

3,000万円 + 600万円 × 相続人の数

相続税の申告が必要な場合

たとえば、

相続人が3人の場合

3,000万円 + 600万円 × 3 = 4,800万円

相続した財産の合計額が4,800万円を超える場合の相続税の申告が必要となります。

 

-相続税、贈与税