04−2990−8889

営業時間9:00から18:00まで

個人の確定申告

青色申告の利点。10万円以上のモノでも経費になる!

更新日:

白色申告の場合

白色申告の場合、10万円以上のモノ、例えば、パソコン、机、応接セットなどを購入した場合、減価償却資産として法律で定められた耐用年数で数年間にわたって経費に算入することになります。

青色申告の場合

青色申告の場合、10万円以上のモノを購入した場合、30万円を超えなければ購入金額を、必要経費に算入することができます。(総額300万円の上限あり。)
国税庁の少額減価償却資産の特例の説明ページはここをクリック

白色申告、青色申告でどちらが得?

ではどちらが得なのでしょうか?
実は必要経費となる金額はどちらも同じです。
前提条件を個人事業主、金額24万円のPCを購入した場合について考えてみます。
白色申告の場合耐用年数は4年なので6万円づず4年間にわたって経費となります。
4年かかりますが24万円が経費となります。
そして、青色申告の場合、購入した年に24万円が経費になります。
あれ損得が変わりませんね。

実は資金繰りの違いです。

話を分かりやすくするため所得税の超過累進税率については考えず、税率が同じ前提で説明しますが、
購入した年に経費が多くなるので所得税、住民税が安くなります。
つまり税金が少なくなるのです。
その分、手元資金が多くなります。
つまり、白色申告に比べ、青色申告の方がお金が多く残ります。
ただし、4年間の通算で見れば変わらないのです。
したがって、必要のないものを一括で経費になるからといって購入することは控えた方が良いでしょう。
[cc id=267 title="鈴木孝夫税理士事務所"]

-個人の確定申告
-

Copyright© 鈴木孝夫税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.