04−2990−8889

受付時間 9:00から18:00

税務調査

税務調査で必ず何を見るの、税金はとられる?準備書類、無申告について。

税務調査で必ず税金を取られるの?

税務調査に来ると必ず税金が取られるわけではありません。

税務調査が来たけど追加の税金が発生しなかったこと多いです。

実は、税務署の目的は正しい申告をしてもらうための指導をすることです。

都市伝説で「お土産」を渡した、何ていわれることもありますが、理由がないのに税金を追加で納付することはありません。

税務調査では何を見られるの?

税務調査で見るのは帳簿、会社の書類です。

具体的には、

・総勘定元帳

・預金通帳

・売上の資料(請求書、領収書)

・仕入れや経費の資料(請求書や領収書)

・人件費に関する資料(給与明細、源泉徴収簿)

・契約書

・株主総会議事録

などです。

税務調査はこれらの資料を見て、納税者、顧問税理士が疑問点に答えていく作業になります。

実際には、事務所の机の中やパソコンを見られることもあります。

事務所の机は誰がどこに座っているのかを聞かれます。

これは、架空人件費がないかどうかを調べているのです。

パソコンは税務署の調査官とはいえ、勝手に見ることはありませんが協力した方が良いです。

メールの履歴で売上が漏れていないか、売上を不正に減らそうとしたやりとりがないか、などを確認します。

株主総会議事録や契約書の作成日時を調べたりもします。

税務調査は事前準備が大切

税務調査で大切なのは何より事前準備です。

必要な資料などが揃っているかを事前に確認しないといけません。

調査当日になって慌てて探しているようでは税務署の職員に与える印象が悪くなりダメです。

調査が長引くことにもなります。

管理体制が悪いと思われてが税務署の職員への印象が悪くなってしまいます。

また、事前準備をすることで罰金を減らせる可能性もあります。

事前準備の段階で、仮に間違いなどを見つけたら税務署から指摘される前に自ら修正をすることで罰金を減らすことができます。

無申告の状態で税務調査の連絡があった場合

税金の申告をしていない(無申告)の場合に税務調査の連絡があった場合には、すこしでも早く申告するようにしましょう。

税務署は一方的に「あなたの税金はいくらだから払いなさい」と決めることができるのです。

しかも無申告の場合は無申告加算税の罰金がかかります。

もし無申告の状態で税務調査の連絡があったらまずは税理士にすぐに連絡しましょう。

-税務調査

Copyright© 鈴木孝夫税理士事務所 , 2021 All Rights Reserved.